2017年8月21日月曜日

半径、自転車で15分の散策!!

 Guesthouse KYOTO COMPASSは西七条、七条通と御前通の交差点を少し北に行った所にあります。平安時代には西市として栄えたものの、現在は静かな落ち着いた住宅街です。
京都駅からバスで15分から20分。金閣寺、東寺、清水寺、祇園もバス1本で行ける便利な場所です。
ただ周辺には有名な観光地は残念ながらありません。
今回は自転車を使って少しの空き時間で何が見れて楽しめるか、ゲストハウスの周りを散策してみました。題して『半径、自転車で15分の散策!!』
COMPASSから七条通を京都駅に向かって、大宮通りを右に回る。
JRの高架を潜って九条まで南下すると東寺があります。ちょうど自転車で15分。五重塔はいつ見ても迫力ありますね!!大きすぎて写真に上手く収まりません。

毎月21日は弘法市の日です。
少し覗いてみて下さい。


朝8時頃から閉門まで、とざっくりした日程ですが沢山の骨董のお店、屋台、アクセサリーから盆栽、これ売れるの?という店まで何でもあります。ここは交渉の世界、お宝が見つかるかもしれませんよ。私はバンダナを作ろうとインディゴ染の布を買いました。
毎月第一日曜日にもガラクタ市と称して、骨董と手作り品の市が開催されています。 
私自身は東寺の仏像が好きなんです。
みんななかなかのイケメン揃いです。難しいことは分からないので、ハンサムかどうかというミーハーな価値観で好き嫌いを決めてます。ちなみに象に乗る帝釈天はイケメンNO,1です。

東寺から自転車で5分程西に行くと、羅生門がかってあった所があります。今は公園の中にひっそりと石碑があるだけで、平安時代の羅生門を思い浮かべるには、かなりのイマジネーション力が要求されます。
ただ平安時代の洛中の中心の朱雀大路はかなり西側だったのだと驚きです。
 
その公園の隣を見ると矢取り地蔵という名前のお地蔵さんがひっそり鎮座しておられます。説明を読んでみると、なんと空海の代わりに矢を受けて助けたお地蔵さんらしいです。かなりのビックネイムな人を助けたのですね。 

そのままゲストハウスに戻ると1~2時間の行程です。
まだ時間が許せば、帰りに梅小路公園に行ってみて下さい。
子供から幅広い年齢の方も楽しめる公園です。
イルカが見える水族館、鉄道博物館はもちろん人気がありますが、何でもできそうな広いグランド(昼寝もできそうです)、京都の造園技術を駆使して作られた池泉回遊式庭園の朱雀の庭、いのちの森などは静かで緑のもみじが一杯でした。秋には紅葉の穴場だと思います。



ただ梅小路公園の一部は工事中です。
そうなんです!!JRの新しい駅ができます。(2019年春開業予定)
ますます便利になっていきそうですね。もうしばらくお待ちください!!

七条通沿いにあるベーカリーSIZUYAでクリミアソフトを食べて帰る。私の定番です。濃厚なソフトクリームをコーンの代わりにラングドシャークッキーで包んでいます。お腹が一杯でも素通りできません。
全て体験すると半日以上の時間になりますが、どの施設もCOMPASSから自転車で15分以内で行けます。

Guesthouse KYOTO COMPASSではレンタサイクル5台用意しています。3時間以内無料!! 3時間から1日500円です。
京都の道は碁盤の目になっていて方向が分かりやすいですよ。
一度都大路を自転車で駆け抜けてみて下さい。気持ちいいですよ!!



0 件のコメント:

コメントを投稿